読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dreams leaking from my queer brain.

ジョシが好きなジョシのブログ

トランスジェンダー?

LGBT-SOGI 自分のこと

(自分メモ/結論が無いつぶやき)

自分トランスジェンダーじゃね?って話。

 

私は、自分におっぱいがあったり子宮があったりすることに違和感ないんです。

だから自分はシスジェンダーだと思ってたんですけど。

生理めんどくさい、とか、もっとスラっと背が高くて中性的な見た目だったら良かったのに、とかは思いますけど。そもそも自分の性にあまりこだわりがないかも。男に生まれてたらそれはそれでそんなもんかと思って生きていた気がする。

 

 

一方、

「女だから〇〇しなきゃいけない/してはいけない」とか、

「女性は化粧してスカートはいて」とか、

「女子力!」とか、

「結婚して子供を産むのが女の大事な役割」、

みたいなことにはものすごく反発を覚えるのです。

たぶん男に生まれてても、「男なら泣くな」とか「男らしくしろ」とか言う言葉には はぁ??と思ってたと思う。

 

女性が髪を刈り上げたり男性が長髪にしたりすることに不寛容だったり、

おもちゃや洋服が女の子用・男の子用に分かれていたり、

男性なら許されることでも、女性がした途端「はしたない」とか言われたり、

とにかく世の中なんでこんなに「性」にとらわれてるんだろう。生きづらい。

そういうことにとらわれずに生きていきたいと強く思うのです。

 

 

そんで、そういやそもそもジェンダーって、生物学的な性とは違うよなと思い出し、

先天的身体的・生物学的に個体が具有する性別に対し、「社会的・文化的に形成された性別」ジェンダーという。

ジェンダー - Wikipedia

 

自分がシスだと思ってた部分は生物学的な性じゃん。

社会的な「ジェンダー」に違和感を覚え、そこに収まらずに生きていきたいと思う私は、もしや「トランスジェンダー」と言えるのでは!と思いはじめた今日この頃です。

どうなんでしょ。

 

トランスジェンダー英語 Transgenderラテン語で「乗り越える」や「逆側に行く」を意味する「トランス」と、英語で「」を意味する「ジェンダー」の合成語)とは、一般に (常にではない) 生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。

トランスジェンダー - Wikipedia

 

ふむむ…. どうなんだろか。

自分のフェミニストな部分も絡んでくるからややこしい。

 

たぶん、

 

  • 社会的に男は/女はこうあるべきということに違和感を覚える人
  • 自分の生まれた性から反対の性の、社会的にこうあるべきという姿に移りたいと思う人
  • 自分の体や性器に違和感のある人

 

こういった人たちと、

 

 

こういった言葉がどうリンクするのか、そのあたりがいまいち理解できてないんですよね。むずかしくない?

 

 

余談ですが、

時々見かける「LGB」と「T」は相容れないものだから

LGBT」とひとくくりにされるのは心外的な発言(特にTの方々からの)ですが、

個人的には私のような人間は多いのでは?と思うし、

そもそも性自認にしても性的指向にしても、性に関することをくっきり切り離して考えることなんてできないんじゃないかと思います。

性のグラデーションっていうコンセプトからして、そういうことでしょ?

レインボー!