読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dreams leaking from my queer brain.

ジョシが好きなジョシのブログ

どうなるどうする?!夫婦別姓。

つぶやき

「夫婦別姓認めず」は違憲か 最高裁で弁論 NHKニュース

 

夫婦別姓を認めない民法の規定と、女性のみに離婚後6か月間再婚を禁止する別の規定が憲法に違反するかどうか」

これを巡る最高裁裁判が始まりましたね。

 

夫婦別姓について、報道によると原告の訴えは「結婚する人のほとんどが男性側の名字になってて男女不平等」っていう内容なのだそう。それはもうその通りだと思うし、世間では「結婚=女性が男性の家に入る」という概念がまかり通っていて、昔ながらの家制度とかと絡んで日本の男尊女卑の大きな要素を成していると思う。

だけど実際法律には男側の名字にしなければならないという規定もないし、法律素人ながら男女不平等を争点にするのはなかなか難しいんじゃないかなーと感じてしまった。
それよりもっと根本的に、男女とか関係なく結婚するにあたり2人のうちどちらかが絶対に名字を変えなければならないということそのものが人権侵害だっていう論点で争って欲しかったなぁ。

私個人的には長年親しんできた自分のアイデンティティでもある名字を変えるのは抵抗があるし、変更先が好きな人の名字だから良いとか言う問題じゃないと思っている。
女性の中には「好きな人と同じ名字になる」ということを好ましいと思う人もいるんだろうけど、私のようにそう思わない人間もいる。

じゃあ相手に変えてもらったらって言うとそんな簡単な話じゃなくて、相手が「ぜひあなたの名字にしたい!」と言うのなら止めないけれど「別に変えたいわけじゃないけどあなたが変えたくないというのなら仕方がないから私が変えるわ」というのは受け入れがたい。私のために自分のアイデンティティを捨てないで、と思う。


だから、変えたい人は変えられるし、変えたくない人はそのままでっていう選択肢があって然るべきだと思う。

 

夫婦別姓に関する議論というのは、なんと20年も前から行われているそうだけど、国連からも何度も法改正の勧告を受けているにも関わらず未だ法律が変わっていないというのが驚き。その理由のひとつが「伝統的家族観が崩れる」というのもいつの時代じゃ!って感じですよ。

実質的に同性間の結婚を認めていないという部分でも現行の結婚制度には問題があると私は思っていますが、今回の裁判を通じて、それぞれの生き方を尊重しサポートするような法律に変わっていって欲しいなと思います。

 

今回の裁判、いずれも早ければ年内に判決がでるとのこと。注目していきたいっすね(`・ω´・ )