読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dreams leaking from my queer brain.

ジョシが好きなジョシのブログ

同性愛は人間の一側面です 〜TED: iO Tillet Wright

LGBT-SOGI 紹介

 

今回もTEDの動画をご紹介します。

iO Tillett Wrightさんが、自身の経験を通じてLGBTを語ります。

www.youtube.com

彼女は少年のような幼少期と女性らしい思春期という経験を経験した、バイセクシャルの女性です。アメリカで同性婚に関する議論が巻き起こる中、彼女はある疑問を抱くようになりました。

私の母国が私の一面だけを切り取り、私が少数派だと決めつけていることに強い危機感を感じました
私は法律的に明確に「準」国民でした

私たちの一面を切り取り権利を奪うようなことに投票する権利が誰にあるのでしょう?
何を持って私たちのグループが平等な権利を得るに値しないというのでしょうか?
そもそも私たちはグループなのか?何のグループなのか?
彼らは差別の被害者と会ったことすらないのではないか?そう考えるようになりました

 そして彼女はこう考えました。差別している人々が、差別している相手の“目を深く見れば”差別しづらくなるのではないか。そうして始めた活動が100%異性愛者でない人々の写真を撮るというプロジェクトでした。モノクロの美しい写真が印象的です。

日本でも「OUT IN JAPAN」という同様のプロジェクトがありますね。(もしかしたら彼女に影響を受けているのかな?)普段は目に見えない存在のLGBTを可視化するという試みは素晴らしいと思います。私もいつか参加したいです。

 

彼女はまた「同性愛の境界」について言及し、同性愛者やセクシャルマイノリティに分類される人にも多様性があることを語っています。

異性愛と同性愛はグラデーションのように続いていてはっきりと区切ることなんてできないのです。だとすれば差別する相手はどこからどこまでの人間ですか?.... 完全に異性愛者の人間以外は差別の対象ですか?それとも?

 

そしてそれぞれの愛がグラデーションであるように、LGBTの中にも、様々な要素で様々なパラメーターをもった人たちがいます。“LGBT当事者”という均一なグループがあるわけではなく、むしろいろいろな人間の一側面としてLGBT/セクシャルマイノリティという要素があるのです。例えば血液型がAB型であるとか、左利きであるとか、それと同様の一要素なはずなのです。

 

最後に OUT IN JAPANでカミングアウトした女性の言葉を引用します。

もしかしたら私のことを知っている人が見ていて、びっくりさせているかもしれません。でもこれは私の一つの側面であるだけで、あなたの知っている私に変わりはないということが伝えられればいいなと思います。

http://outinjapan.com/yuiko-kawakami_yuri-hasegawa/